競馬のオッズの考え方 競馬用語

9種類も存在する競馬のオッズ

競馬

競馬のオッズは、馬券と同じ数だけあるので、現在は9種類あります。テレビや新聞で一番使われるのは、単勝のオッズです。競馬中継では必ず紹介されますし、新聞にも前日の人気が掲載されていたりします。

単勝と同時に表示されるのが、複勝です。複勝は単勝とは違い、下限と上限があります。下限と上限がある理由は、馬券の対象になる馬の人気によって、配当にバラツキがあるためにです。

ゲート

1頭の馬の結果だけで配当が決まらないので、下限と上限を発表しています。基本的には、人気薄が馬券圏内に入ると上限に近づき、人気馬が馬券圏内に入ると下限に近づきます。

競馬には9種類のオッズがありますが、一般に公表されているのは8つだけです。指定された5レースの勝ち馬を的中させるWIN5だけは、対象レースが全て終わり確定してからでないと配当金は分かりません。

関係者向けのフロアで機械を使えば表示されますが、一般の競馬ファンは知ることができない情報です。

競馬するならJRA それともブックメーカーhttp://www.keibajrabkmk.info/

馬 最終ストレート

競馬予想にオッズは欠かすことができない

競馬

競馬で勝つためにはまず馬券を当てなければなりませんが、予想に際してオッズは欠かすことができません。

実際にオッズと当たる馬券は全然別物ですから、倍率が高いからといって当たりづらいわけでもなく、逆に低いからといって当たりにくくなるというものではありません。しかし、当たる確率が高そうな馬券というのは多くの人が買いますから必然的に倍率は低くなります。

それでは、馬券を買うのにオッズなど意味が無いのではないかと思うかもしれませんが、決してそのようなことはなく100パーセント当たるわけではない以上、どの程度の払戻しがあるのかということはしっかり確認をしなければなりません。

走る馬

極端な話で言えば、1.0倍の馬券というのは100パーセント勝つという自信があったとしても買う意味がありませんから、払戻金額を無視して馬券の購入をすることはできないのです。

競馬を始めたての頃というのは、とにかく当てれば勝てると思いがちですが当て続けることができない以上は、倍率と的中率のバランスを良く考えて馬券を買うことが大切です。

早い馬

競馬で出遅れる意味がある競馬用語のあおる

競馬

競馬用語であおるとは、立ち上がりながらスタートする馬のことです。前方にジャンプするようにゲートを出るので、スタートで大きく出遅れてしまう形になります。

最後方からレースを進める馬なら、スタートであおっても影響はそれほど大きくありません。しかし、逃げ馬や先行馬があおってしまうと、その時点で競馬が終了してしまうこともあります。

また、あおってダッシュが付かなかったために、1秒以上も出遅れてしまう馬もいます。競馬でスタートの不利を挽回するのは、並大抵のことではありません。他の出走馬より圧倒的に能力が上なら、不利を跳ね返して勝つ馬もいます。

引き離す

しかし、大抵は不利を挽回できずに負けてしまうので、競馬でスタートは大切です。逆にあおっても勝ちきってしまった馬は、底知れない能力を持っている証明にもなります。

あおる馬は癖になっていることが多いので、安心して馬券は買えません。単勝で断然人気のある馬でも、出遅れ癖がある馬は過信しないようにしましょう。